現代の医療

最近はいろんな病気が増えています。ノロウイルス、鳥インフルエンザ、etc。また、現代はストレス社会とも言われています。

ストレスは色々な病気に関係します。あらゆる病気の元になるストレスで病気をかかえる人々。そのような病気が増えていく中で、最も助けになってくれるのは、病院などの医療機関です。
しかし、薬剤肝炎や医療ミスのニュースが飛び交う世の中になってきています。

そんな中でも、自分の通院、または入院している病院は100%、絶対に安全だと言い切れますか?
安全なところは安全ですが、必ずしも病気にならないとは言い切れません。

病院などは、確かに技術や設備などはしっかりしていますが、大きい病院にもなると、全ての患者に同等のサービスを与えているかというと、そうでもありません。
それよりは、小さくても、管理の目が行き届く小さな病院を選ぶと言うことも時には必要な事であると管理人は考えています。

医療とは

そもそも医療とは、人間の健康の維持、回復、促進などに使われる広い意味を持っています。
つまり、医者や看護師が行っているのは医療行為です。そして、それに関する技術が医療技術と呼ばれるのです。

今回は医療を医療行為、または医療技術という意味で使っていきます。

医療と一口で言っても患者の病気の治療だけではなく、その病気の予防やリハビリテーションも含まれます。
当然ながら看護師などによる看護活動や薬剤師の調剤及び服薬の指導、医師・歯科医師の指導の下に行われる管理栄養士による疾病者への栄養指導、OTC薬販売における登録販売者の指導や助言なども、医療と呼べるものでしょう。
そうなると、健康食品の位置関係がどんどん曖昧になってくるわけです。高機能食材や健康食材の中には疾患に効くとされてる天然の成分が含まれているものも多く存在していて、適量の摂取をする事で良くなる保証はないが勧める事もあるようです。

ニュアンスが違いますが、自分で健康管理を行うのも立派な医療ではないでしょうか?
血糖値や脈拍数を計るなど、自身を管理するのも医療行為です。

ほかにも、緊急時での軌道の確保や人工呼吸、心臓マッサージや救急車での搬送中、救急救命士の救命行動も医療として分類されるかも知れません。

医療の歴史

世界の各民族で病気を治療しようとする儀式や処置が古来から自然発生的にみられています。
新石器時代のヨーロッパや古代の南米では、「てんかん」(脳細胞内での異常な発火のためてんかん発作を来す疾患あるいは症状のこと)の治療目的のため穿頭術を行っていたものと言われています。
また、世界各地で独自の医療がなされてきたようです。

医療法

医療法(いりょうほう)とは、医療を提供する体制の確保を図り、もつて国民の健康の保持に寄与することを目的とする日本の法律の1つです。
施行されたのは、昭和23年の10月27日です。

病院や診療所、または助産所の開設や管理・整備の方法などを定めます。
しかし、あくまで医療機関に関する法律であるため、医師などの各資格の責務や職能などは、基本的に医師法等の各医療資格を規定している法律に記されています。
ただし、インフォームド・コンセントの規定は医師などの責務ですが医療法に記されています。

しかし、今現在は医者や看護師の人数が少なくなってきており、小さな村の診療所や助産所などは数が減ってきています。近年では医者や看護しの数が減っているのに、病人は増え続ける一方で需要と供給のバランスがとれていないのが現状です。特に、現代病とされるうつ病治療は長期に渡って治療する患者も多く、一人の医者が抱える患者の数も大変多くなっています。

ご年配の方なら、医療体制の整った有料老人ホームを利用する、というのも一つの手ですね。
医療同様、有料老人ホームなどの介護施設の利用も年々増え、介護の制度なども日々新しいものができています。
現にガンで免疫療法を辛い思いでしていても、老人ホームでのコミュニティに参加して同年代の会話を楽しんだり、イベントを一緒に参加することで少しメンタル面のサポートサービスもあるようです。
ご自身の介護の必要度にあった有料老人ホーム選びをし、快適な有料老人ホーム生活を送りたいものですね。

注目サイト
シルバーアクセサリーのオーダーメイド製作
芸能 専門学校
フィットネスクラブ 千葉市

Page top